太陽光発電の注意点

太陽と海

太陽エネルギーは、地球上で太陽からの光として到達しているエネルギーです。
このエネルギーは地球環境に大きく影響します。
地球上の大気と水に作用しながらソーラーパワーなどと呼ばれ再生可能エネルギーとして、あらゆる生命の活動源になっています。
再生可能エネルギーとしての太陽光を、古くから人間は生活にとりれて来ています。
例えば照明、暖房などはその代表と言えます。
太陽光があたる場所からエネルギーが与えられるということから、農業とも深いつながりがあります。
太陽光は、熱、電力を得ることが可能で、温室効果ガスの排出量が少ないため地球温暖化対策のために熱や発電などに利用するケースが増えています。
地球上で太陽からの光とどのようにして付き合っていくかが、これからの課題になってきます。

太陽の地球上に到達する光は、ワットで表すと174ペタワット程で、地球の大気に反射したり呼吸などに影響されながら地表に到着します。
その熱は、大気や海そして台地を暖めて熱となって大気圏内に存在します。
その後に赤外線にかわり全て宇宙へと再び放射されます。
一度大気圏内に入った太陽の光は、このようにして大気や水に影響を及ぼし、循環を促します。
この循環中に地球上の植物の光合成を助け酸素を増やし、多くの生命の活動の源としての役割を担います。
人間はこの生命活動の源を風力発電、バイオマス燃料などに利用しています。
地球上で人間が利用している太陽の光は、可能な量としては1PWです。
ある年の地球全体の供給量の約67倍もあります。