目立つ場所にあるほくろ治療で改善【病院選びが大切】

ほくろの治療をする前に

ドクター

気になるほくろは一度診断

ほくろがない人は滅多にいないのではないでしょうか。大きいほくろから小さなほくろまで、顔や首、肌が露出して目立つ場合もあれば、服に隠れてしまったり自分でもわからない場所にあることもあります。気になるのは顔のほくろでしょう。それも大きく色も濃ければ憂鬱の種となります。正式には、母斑細胞性母斑といい良性です。良性ですが病理組織検査を受けて悪性腫瘍と診断されることもあるので、油断なりません。放っておくと癌の心配があるだけではなく、他の病気が潜んでいる場合もあるので自分はどうなのかと心配になる場合は一度検査を受けてみると良いでしょう。治療に関してはいくつか種類があります。自分のほくろがどんなタイプでどんな治療効果を求めるかによっても変わってきます。ほくろの大きさや色、個数によっても人によって違うでしょう。希望するほくろの数が少なく再発しない方が良いと希望する方には、手術を勧めることもあります。深い部分の母斑細胞まで取り除くことができますが、傷痕が残ることはある程度覚悟しておかなければなりません。再発の心配は少ないですが大きなほくろの場合は傷を縫うこともあります。傷痕を残したくない場合は、炭酸ガスレーザーでの治療があります。レーザー光を照射しますが、局所麻酔を行いますので安心して治療を受けられます。将来再発の可能性がありますが、出血がなく傷痕が早く目立たなくなるというメリットがあります。料金に関してですが、治療に保険が適応されますが完全な美容目的の場合は保険が適応されずに全額自己負担となっています。また、治療法やほくろの大きさ、種類、各クリニックの方針によっても料金が変わってきます。3ミリ以下であれば自費診療にし、4ミリ以上のなるようであれば保険での治療を考えるなど融通が利く場合があるので事前に調べたり相談してみましょう。治療後は患部に絆創膏を貼り、特に手術後は運動を避けて安静にしている必要があります。女性であれば化粧を控え、傷を清潔に保ち傷に負担をかけないよう日常生活に配慮しましょう。また、実際に治療を受けた方の症例を写真などで確認し、自分がどうなりたいかと具体的に決めておくと治療の相談がスムーズに運びます。

Back to Top