目立つ場所にあるほくろ治療で改善【病院選びが大切】

意外と知らないほくろ治療

レディ

治療の選択肢

意外と知られていないのがほくろ治療です。シミというとレーザーで治療できることは有名ですが、ほくろは知らない方が多いようです。もちろんほくろも治療で治すことができるのです。ほくろはシミの延長と思われがちですが、実は全く違った代物です。メラニン色素の沈着したものがシミなのに対して、メラニン色素を持つ細胞が増速したものがほくろです。そのためシミに効果のある美白化粧品や医薬品は効果がありません。治すには専門の治療が必要になります。お灸や除去クリームを使ってセルフケアという方法があります。これが一番簡単ですが、自分でやるので完全自己責任、うまくいけばいいですが失敗してもどうしようもありません。腕など目立たない部分ならいいかもしれませんが、顔など目立つ部分に行うのは避けた方がいいです。きちんと治したいなら医療機関です。いぼのようなほくろは保険で治せることもあります。ただ、そういったケースは少ないのでほとんどの場合は自己負担です。ほくろの大きさや状態によって治療法が異なり、一般的に大きくなればなるほど金額が高くなります。レーザーでの治療が有名で、金額は2、3ミリ程度で一万円くらいから、一ミリ増えるごとに5千円ずつの追加料金発生というケースが多いようです。かなりのふくらみがある場合はレーザーではとり切れないため、メスを使った手術tになることがあります。レーザーと言っても様々な種類があって、それぞれの症状に合わせたレーザーを個別に調整した出力量で照射するという方法で治療が進みます。1回で終わることもあれば、複数回通うケースもあるなど人それぞれです。気になる方は一度美容皮膚科に相談してみると詳しく教えてもらえることでしょう。お金がかかるし相談するのは恥ずかしいからと、不安だけれどセルフケアで治そうという考えはあまりお勧めできません。失敗する可能性が高いですし、ほくろはなくなっても傷跡が残ったりしたら意味がないどころが逆効果かもしれません。きれいに治すためにはやはり専門家の手を借りるのが一番、恥ずかしがらずに相談するべきです。

Back to Top