目立つ場所にあるほくろ治療で改善【病院選びが大切】

見た目悩みをなくす方法

女の人

ほくろの状態により治療法は異なる

近年は美容医学が急速に発展していることを受けて、プチ整形といった言葉も誕生しているように気軽に美容クリニックを受診する女性も増えています。中でもほくろは場所によっては老けた印象を与えてしまったり、ついつい指先でいじってしまって傷を付けてしまったり、美観的に気になるといったことも多く除去することを希望する方も少なくありません。いつまでも鏡を見て悩んでいるなら、思いきってクリニックで治療を受ければ、コンプレックスから解消され自信が持てるようになるでしょう。しかしほくろ治療と一口に言っても、出来ている場所や大きさ、数や色などにより適した治療法にも違いがあるので、できるだけ傷跡を残さないようにするためにも、ほくろ除去治療を多く手掛けているドクターが在籍するクリニックを探すことが大切です。熟練した医師なら患者さんの状態を見ながら少しづつ除去していくため、目立つ傷跡は残りません。ほくろがなくなっても、皮膚が大きく陥没してしまったと新たな悩みを抱えてしまう患者さんも少なくないので、カウンセリングを含め丁寧に診断を下し、極力皮膚のデコボコを作らず取り去れる医師にお願いしましょう。ほくろ治療は場合によっては数回に分けて行うケースもあり、除去できたと思ってもまた下から出てくるケースも少なくありません。この場合には無料で施術を行ってくれるクリニックも多いので、どれくらいの期間を保証期間としてくれているのか、といったことも確認しておくことをお勧めします。深さや大きさによってはメスを使って切開し縫合をしなければいけない場合もありますが、できるだけ綺麗に仕上げたいならばレーザー治療が最適なので、いくつかの種類のレーザー照射器を使い分けて対応してくれる専門医のいるクリニックを探すのも一案です。また、広く知られていることですがまれにほくろのように見えてがんの一種であったりするケースもあるので、念のために細胞をきちんと検査してくれるクリニックであればなお安心して任せられます。麻酔の有無も含めてカウンセリングでは、納得できるまで説明を受けるようにしましょう。

Back to Top